タイの最新リゾート情報

インターナショナルリゾートーアジア太平洋は常に熱く、タイも例外ではありません。

OZOプーケット
Onyx Hospitality GroupはタイにOZOプーケットを導入し、ポートフォリオの拡大を続けています。
現在工事中で、2019年中頃にオープン予定です。そのホテルでは、255室のゲストルームがあり、OZOブランドの睡眠、接続性、探求の特性を持ちます。

プーケットの西海岸にあるカタビーチに近いこのホテルは、OZOの特徴である終日営業のダイニングレストラン、お持ち帰りデリ、フィットネスセンター、会議室などを併設しています。2つの独立したプール。つまりフリーフォームのメインプールに隣接する子供用に設計されたアクティビティプールもあります。

今年は、スリランカ、マレーシア、中国などの新拠点でアマリブランドを立ち上げ、Onyx Hospitality Groupの強みを拡大しました。バンコクに本拠を置く同社は、8カ国の3つの中核ブランドにまたがる44の営業所のポートフォリオを拡大しています。
ベトナム、インドネシア、オーストラリアなどの市場に20以上の新しいプロパティ開発パイプラインがあり、同社は2024年までに99のホテルをオープンするという目標を設定しています。

OZOホテルグループ
https://www.ozohotels.com/

ボートハウスプーケットのリニューアル
プーケットのボートハウスは、5ヶ月の改装工事の後に再びオープンしました。
ザ・ブティック・コレクションに最近追加された39室のザ・ボートハウスは、カタビーチ・プーケットにある閑静なビーチフロントのホテルです。

シンガポールに本拠を置くインテリア会社、LAANKによって設計されたこの建物は、ロープや木材、海の青と白の色合いなどのインテリアの詳細を備えた航海テーマのインテリアを特色としています。
共通エリアでは、レセプションに沿って、青い波形の壁の特徴が水の反射のイメージを作り出します。インテリア全体に灰色が現代的な外観を提供します。

ボートハウスのそのほかの施設には、インフィニティプール、中庭ジャグジー、ホスピタリティラウンジ、ジム、室内ダイニング、ランドリーサービスなどがあります。

アバニ ホア ヒン リゾートアンドヴィラズ
アバニア ホア ヒン リゾートアンドヴィラズは、タイ南部の湾岸にオープンし、現代的なデザインと自然の熱帯の要素が融合しています。

庭園と大きなラグーンプールに面した196の客室、スイート、ヴィラがあります。
スーペリアルームとデラックスルームには専用バルコニーがあり、ヴィラとスイートにはプランジプールまたはジャグジーとガゼボがあります。そのほかの要素には、バスタブと独立したウォークインシャワー、一部のスイートの屋外レインフォレストシャワーがあります。11の1ベットルームと2ベットルームの2つのラグーンプールヴィラは、メインプールに直接アクセスでき、リゾートの活動に参加したい友達や大家族向けに設計されていますが、それぞれを楽しむためプライベートスペースもあります。

アバニ ホア ヒン リゾートアンドヴィラズ
https://www.minorhotels.com/en/avani/hua-hin

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です