フロントデスクスタッフの役割

ホテルのフロントデスクスタッフの仕事説明
カスタマーサービスの代表、ゲストサービスのアソシエイト、予約係、レセプショニストとして知られていますが、フロントデスクスタッフはホスピタリティ業界のレストラン・ホストに該当します。
フロントデスクスタッフのメイン業務は、お客様の宿泊のニーズを満たすことです。
業務には、電話対応、予約、eメールやネット上の予約の返信、ホテルでの出迎え、チェックイン、チェックアウト、質問に答える、顧客満足のために必要なサービスを行うことなどがあります。仕事の幅は広く数多いですが、ホテルブランドや場所によっては雰囲気も様々です。フロントデスクのスタッフは他のサービス業の仕事よりもよりスローなペースです。
シフトによっては、電話対応やお客様対応の間に多くの停止時間が生じることがあります。

仕事の資格と報酬
ホテルの多くのポジションでは、18歳以上でないと応募できません。年齢制限を超えて、ほとんどのフロントデスクの仕事は基本的に初心者向けの仕事です。いくつかのホテルは、申請者が高校の卒業資格を持っていると主張するかもしれませんが、教育と訓練は通常選択肢にあります。多くの場合で、フロントデスクの仕事に前職の経験は必要ありません。しかしながら、カスタマーサービスやレセプショニストとしての仕事は他の応募者と差別化し、高い給与を得ることができます。
フロントエージェントには、親しみやすさや、専門的な態度、他の人を助ける欲求が求められます。

何人かのフロントデスクスタッフは最低賃金で始めます。ホテルアソシエイトとしての最初の給料は、経験、ホテルブランド、場所にもよります。ほとんどのホテルでは、フルタイムの従業員には基本給に加えて福利厚生もついています。
この福利厚生には、医療保険、有給休暇、ホテルルームの割引などが含まれています。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です