外国人がタイでできる仕事11

外国人がタイへの移住を考えている人から”タイでの仕事”について聞かれない日はないです。

そこで、タイにおいて外国人が得られるであろう仕事の幅についてお話しする良い機会だと考えました。

ここ数年で、タイに移住している20代30代は増加しています。また、従来の定年退職した人たち向けの穏やかな都市であるという考え方は、タイへの移住を決める若い世代によって薄れてきています。

では、外国人が就けるであろうタイでの仕事について大まかに説明します。

1、タイで教える
簡単なものから初めていきましょう。タイではいつでも教えるチャンスがあります。永遠に続けられないかもしれませんが、スタートとしては良いでしょう。州立の学校での仕事は約30,000THBから35,000THBを1ヶ月に稼ぐことができます。一方で、プライベート講師だと経験にはよりますが、45,000THBから80,000THBは稼ぐことができます。

心に留めておいてほしいことは、プライベートで教えること以外にも、週末のみの臨時講師として語学学校で教えることでさらにお金を稼ぐことができます。語学学校では、正社員の募集もあるかもしれません。講師の売上高はかなり普通です。そのため、将来の身元証明として履歴書に残せるのはよいアイディアだと思います。

語学学校はよりよい教育につながる環境作りをする傾向にあります。州立の学校で教えている教師は、資金やカリキュラムに影響を及ぼす力、判断を下すことに限りがあります。これでは、子供を成長させることが難しいです。

教えるためには、TEFLの資格が必要です。TEFLのサイトをチェックして、最もコスパのよく簡単に資格が取れる方法を調べてみてください。

2、不動産の仕事
タイのコンドミニアムマーケットの人気上昇により、不動産関係の仕事を始める人が増えています。CBREやAbsoluteのような会社は多くの外国人社員が開発やタイムシェアの別荘の売買に貢献しています。仕事は、サムイ島やプーケット島でモーターバイクに乗り購買者を集めることや、ビジネス開発や運営管理の職など様々です。

3、ダイビングインストラクターとして働く
もしPADIの資格を持っているのであれば、あなたは人気のダイビングスポットであるタオ島やピーピー諸島、クラビー県でダイビングの講師になることができるでしょう。インストラクターは約30,000THBから40,000THBを1ヶ月に稼ぐことができます。また、インストラクターになるためのレッスンやトレーニングを受けることができます。

4、フリーランスのライターとして働く
言葉を操るのが得意であれば、クラウドワークスのようなサイトでフリーランスライターとしてお金を稼ぐ方法もあります。また、もし評判になれば、タイで教師になるよりはるかに多くのお金を稼ぐことができます。

もしたくさん旅行をして現金が必要なのであれば、経験をシェアしてお金を得るのはどうでしょうか。もちろん、雑誌にふさわしい記事を書くために練習する必要があります。また、名前を世間に広めるためにレジュメを提出する必要があります。

あなたに十分な能力があれば、旅行のサイトからフライトマガジンやタイの新聞など幅広いところで仕事ができる可能性があります。そして最終的に、あなた自身のよいキャリアを築くことができます。

クラウドワークス
https://crowdworks.jp/

5、多国籍企業で働く
タイ外で活動している多くの多国籍企業の存在を忘れがちです。あなたが堅実な経営経験を持ってるのならば、CVをまとめて、いくつかの会社にそれを送ってください。最終的な決断を下す前に、家で得意分野の調査すらできるのです。

タイにオフィスを持つ会社をキャリアリンクなどの人材紹介会社で探し、求人情報を入手しましょう。
もしかしたら、あなたが現在働いている会社のタイオフィスがあり、転勤を申し出ることができるかもしれません。

キャリアリンクリクルートメントタイランド
https://kyujin.careerlink.asia/thailand

6、大使館や国連での仕事
たまに大使館や国連での仕事の募集があることもあります。これらの求人は、非常に限られた条件や選考の流れが面倒になる可能性があります。常にウェブサイトの情報をチェックし続ける必要があります。これらの求人情報のデメリットは、法律で、社外に広告を掲載する必要があるにもかかわらず、キャリアアップの一環として通常は社内からの応募者に仕事が与えられることです。

7、国際開発ワーカーになる
社会的な開発の資格をとったなら、NGOやGOなどの援助プログラムで働き始めるのもいいかもしれません。
これらのポジションは、通常長期資金で行われます。つまり、ポジションが更新されるまで1〜2年の期間実行されます。

8、映画のエキストラをする
エキストラの中での下層だと、外国人教師(州立学校の)と同じくらい稼げます。カメオ出演やモデリングなど上部では、1ヶ月で100,000THB稼ぐことができます。

この仕事のデメリットは不安定であるということでしょう。オーディションにたくさん参加しないといけないですが、役をもらえないということもしばしばです。また、待ち時間が長いという難点もあります。

エキストラの仕事は1日約1500バーツから始まります。カメオの出現は5000−20,000の範囲であり、モデリングの仕事は1仕事につき5000−150,000をもたらすでしょう。

9、バーやレストラン、ホテルを運営する
タイで多くの外国人がバーやレストランを運営しています。特に、サムイ島やプーケット島、バンコクのダウンタウンなどによくみられます。これらの仕事は、友人や家族のオーナーの仕事を引きつぐことが多いですが、もしあなたがよい経験をもっているのであれば、直接コンタクトを取るのもよいでしょう。

同様に、ホテルマネジメントの経験があるのであれば、上記の人材紹介会社キャリアリンクタイランドなどからバンコクの大手ホテルにコンタクトを取るのがよいでしょう。大規模なホテルチェーンは、ハイレベルなホテルマネジメントのポジションを外国人が占めていることもあります。

10、タイに拠点を持つ起業家になる
タイは好景気です。結果として、起業家精神のための余地は十分にあります。輸出業からコンサルタント業まで、もしあなたが特定のニッチな市場で資格と操縦法を心得ているのであれば、他の誰かのために働く代わりにあなた自身のビジネスを始めることができない理由はありません。

タイでビジネスを始める利点は、ビジネスを設立したばかりでも低い賃金で生活することができることです。これは、財政的な負担を減らし、ビジネスが軌道に乗ることに時間を費やすことができます。

私は、個人的にインターネットマーケティングのためのMeet-Upグループに参加しています。これらの集まりは同じような考えを持つ人をつなぐ素晴らしい方法です。また、同じ興味のもつ友達を作ることができます。

タイで働くことについて最後に
ご覧の通り、タイには様々なチャンスがあります。そして、共通の認識は、”唯一の仕事は教師のみ”ということはもう正しくはありません。

実際に、あなたが本当に教育とタイの教育システムに貢献したいという情熱を持っていない限り、他の情熱を持てる仕事を探すことがよいと思います。そうでないと、人生はただあなたが逃げたいと思っていた退屈で平凡な9時から5時まで働く生活と同じになるでしょう。

タイで生活することに真剣なのであれば、お金を稼ぐことは絶対に可能です。

タイには多くの移住者が働き生活をしています。しかし、彼らが何をしているのかについての情報は乏しいです。なぜなら、多くの人は忙しくオンラインに情報をシェアするために執筆することが難しいからです。

この記事がタイでの職探しに役立つことを祈ります。

タイでは就労許可証(ワークパーミット)を取得して働く必要があります。就労許可証を取得せずに働くことは犯罪ですのでくれぐれもご注意ください。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です