思いがけないホテルの成長〜プーケット、バンコク、観光の最先端〜

ホテル事業は、10月はいくつかの地域で低迷しているにもかかわらず、今年5−7%成長するとタイのホテル協会(THA)のSupawan Tanomkieatipum社長は述べています。全国の登録ホテルの平均利用率は、2017年の70−75%で、昨年より5−7%増加すると見込まれています。この改善は、今年、特にプーケットとバンコクを訪れる外国人観光客の増加に起因しています。

Supawan氏は、南部の登録ホテルの平均宿泊率は80−85%、北部は70%、バンコクは75%、北東部は65%と言いました。
昨年の稼働率に基づいて、プーケットと南部を除いて、数字はわずかに増加し、それは強い引き上げの傾向だと彼女は言いました。

Supawan氏は「これまでのところ、ホテル全体の事業は今年成長を見込むでしょう。THAは、危機がなければ今後5年間でこのセクターが成長し続けると予想している」と述べました。

THAの記事によると、バンコクの今年の10月の平均宿泊稼働率は70.7%、前年比70.7%から減少しました。北東部の占有率は48.6%で、49.9%から減少しています。

今年の10月の北部の宿泊稼働率は、昨年の10月の76.6%から73.7%に減少しています。パタヤとプーケットは、10月の稼働率が前年比75.1%に上昇し、2016年10月の67%から55.1%から60.3%へ上昇しました。第3四半期には、国際観光客の総数は880万人で、前年同期と比べて6%の増加、第3四半期の記録を達成しました。2017年1月から10月の総入国者数は2880万人で、前年度から6.7%増加しました。10月の外国人観光客は、前年度比20.9%増の272万人となりました。10月の観光収入も24.4%増の4320億バーツを大幅に上回りました。

産地市場の中で、東南アジアは、10月中にタイの観光客数が29.4%成長したことで際立っていました。

しかし、多くの外国人観光客は、登録されていないホテルや違法なホテルに滞在していると推測されています。以前のTHAは、市場にあるホテルの半数以上が免許なしで営業していると言いました。タイ観光局の知事のYuthasak Supasorn氏は、「スポーツ、グルメ、結婚式、ハネムーンなど、豪華でコミュニティベースに焦点を当てた、TATの新しいコンセプト「Amazing Thailand Tourism Year 2018」により、さらなる観光客拡大に自信を持っています」と述べました。

タイの国内旅行もまた、成長をみせています。1月から9月にかけて、タイでは自国で1億1000万回の旅行数を出し、昨年度と比較して6.3%増加し、6億9500万バーツ以上の収入(7.3%増)を達成しました。

国内外の市場を合わせると、1月から10月の総観光収入は2.26兆バーツで、前年同期比8.7%の増加となりました。

Supawan氏はタイの観光業は今後も成長し、より多くの投資家を引きつけると語りました。しかし、バンコク、プーケット、パタヤ、チェンマイなどの主要エリアのホテル事業はすでに過剰供給となっています。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です