バンコクのマンダリンオリエンタルが洗練された伝統的なホテルである理由

あなたはホテルに到着した瞬間から、マンダリンオリエンタルグループの何かによって、暖かく迎えられていると感じるでしょう。なぜ従業員はすでにあなたの名前を知っているのでしょうか?チェックインはとてもスムーズに行われ、すぐにチャオプラヤ川を望む絵画のようなボートがあるガーデンウィングの二重の部屋に快適に過ごすことができます。
140年以上、バンコクへの旅行者はこの景色とホスピタリティーを楽しみました。19世紀中頃、タイがまだシャムとして知られていたころ、海外の船乗りの休憩所が川端に建てられ、それが、世界有数の最高級ホテルオリエンタルとなりました。
2015年に、マンダリンオリエンタルバンコクは、この賞を受賞したホテルの設備とサービスを大幅に強化し、歴史的な中心地の元の素晴らしさを復元するように設計された、創設者とガーデンウィングの広範囲の改築を開始しました。

ホテルにある368室の客室とスイートは、エレガントなタイスタイルと魅力的なモダンなタッチを兼ね備えています。川または市街の景色を望むことができ、プライベート執事があなたのあらゆる快適さをお世話します。Author Suiteにはバルコニー、リビングルーム、広いバスルームが備わっています。ガーデンルームは植民地風の内装と庭園の川の景色を魅了し、エグゼクティブスイートは川の景色を見渡し、リビングルームと大きな玄関があるタイの北部のインテリアを展示しています。 1ベッドルームのロイヤルスイートには、ミーティングやスパ施設との専用通路があります。壮大な景色を望む客室には、設備の整った豪華さが備わっています。ベットは特に快適で、柔らかいシートの間で素晴らしい睡眠を保証します。

川沿いに位置しているもう一つのメリットがあります。私はバンコクの便利なスカイトレインに早く行くことができるボートを堪能します。スカイトレインは、市内中心部とその主要観光スポットへをつないでいます。これは素晴らしく、喧騒から離れ、静かな環境にありながら、バンコクの中心部まで素早く到達することができます。また、川を望むオープンテラスのレストランThe Verandahで朝食を食べることも素晴らしいです。西洋料理や東洋料理の幅広いビュッフェがあっても、子供達は、アヒルに餌をあげるためにパンを運びます。ある朝、雨が降り、屋根の上に落ちてきて、川が暗く荒れ、川の色が変色するのを見ました。

ホテルの9つのレストランとバーは、この街の最高のグルメスポットとなっています。ル・ノルマンディーは豊かな環境でフランス料理を提供し、Lord Jim’sはビュッフェ式のランチを提供するシーフードレストランです。The Ciao Terrazaでは、現代的な広東料理と素朴なイタリア料理が味わえるチャイナハウスです。ある日の午後、私はホテルのボートで川を渡り、伝統的なタイの料理とエンターテイメントで有名なSala Rim Naamへ行きました。セットディナーメニューには、ハーブポメロサラダから鶏肉の黄色カレーまで家庭的な料理が含まれています。デザートは、ミニ・クローゼットで最も革新的に紹介されており、そのドアはタイのプチ・フォーを明らかにするために開かれています。

瞑想、マッサージ、天然ハーブ療法の使用による健康と美の探求は、タイの伝統的な伝統です。川をボートで少し渡るところに位置するオリエンタルホテルのスパでは、それらを体験することができます。そのセラピーは、タイの伝統的を元に、現代の西洋テクニックも使われています。スムーズティーとプライベートの相談から始まります。そして、10室のトリートメントルームの1室と3人のセラピストを信頼してください。

バンコクの象徴的なホテルは、親密または豪華な結婚式を行うのに最適な場所です。会場の雰囲気と卓越したサービスは、ほかにありません。信頼のできるウェデングコーディネーターは、花や食べ物からステーショナリー、写真家などあらゆる細部に至ることを監視しています。料理チームは壮大な料理を提供し、ペストリーシェフはあなたの夢のケーキを再現するでしょう。そのため、特別な週末か機会に関わらず、マンダリンオリエンタルバンコクに行き、特別な豪華なものにしましょう。

外国人がタイでできる仕事11

外国人がタイへの移住を考えている人から”タイでの仕事”について聞かれない日はないです。

そこで、タイにおいて外国人が得られるであろう仕事の幅についてお話しする良い機会だと考えました。

ここ数年で、タイに移住している20代30代は増加しています。また、従来の定年退職した人たち向けの穏やかな都市であるという考え方は、タイへの移住を決める若い世代によって薄れてきています。

では、外国人が就けるであろうタイでの仕事について大まかに説明します。

1、タイで教える
簡単なものから初めていきましょう。タイではいつでも教えるチャンスがあります。永遠に続けられないかもしれませんが、スタートとしては良いでしょう。州立の学校での仕事は約30,000THBから35,000THBを1ヶ月に稼ぐことができます。一方で、プライベート講師だと経験にはよりますが、45,000THBから80,000THBは稼ぐことができます。

心に留めておいてほしいことは、プライベートで教えること以外にも、週末のみの臨時講師として語学学校で教えることでさらにお金を稼ぐことができます。語学学校では、正社員の募集もあるかもしれません。講師の売上高はかなり普通です。そのため、将来の身元証明として履歴書に残せるのはよいアイディアだと思います。

語学学校はよりよい教育につながる環境作りをする傾向にあります。州立の学校で教えている教師は、資金やカリキュラムに影響を及ぼす力、判断を下すことに限りがあります。これでは、子供を成長させることが難しいです。

教えるためには、TEFLの資格が必要です。TEFLのサイトをチェックして、最もコスパのよく簡単に資格が取れる方法を調べてみてください。

2、不動産の仕事
タイのコンドミニアムマーケットの人気上昇により、不動産関係の仕事を始める人が増えています。CBREやAbsoluteのような会社は多くの外国人社員が開発やタイムシェアの別荘の売買に貢献しています。仕事は、サムイ島やプーケット島でモーターバイクに乗り購買者を集めることや、ビジネス開発や運営管理の職など様々です。

3、ダイビングインストラクターとして働く
もしPADIの資格を持っているのであれば、あなたは人気のダイビングスポットであるタオ島やピーピー諸島、クラビー県でダイビングの講師になることができるでしょう。インストラクターは約30,000THBから40,000THBを1ヶ月に稼ぐことができます。また、インストラクターになるためのレッスンやトレーニングを受けることができます。

4、フリーランスのライターとして働く
言葉を操るのが得意であれば、クラウドワークスのようなサイトでフリーランスライターとしてお金を稼ぐ方法もあります。また、もし評判になれば、タイで教師になるよりはるかに多くのお金を稼ぐことができます。

もしたくさん旅行をして現金が必要なのであれば、経験をシェアしてお金を得るのはどうでしょうか。もちろん、雑誌にふさわしい記事を書くために練習する必要があります。また、名前を世間に広めるためにレジュメを提出する必要があります。

あなたに十分な能力があれば、旅行のサイトからフライトマガジンやタイの新聞など幅広いところで仕事ができる可能性があります。そして最終的に、あなた自身のよいキャリアを築くことができます。

クラウドワークス
https://crowdworks.jp/

5、多国籍企業で働く
タイ外で活動している多くの多国籍企業の存在を忘れがちです。あなたが堅実な経営経験を持ってるのならば、CVをまとめて、いくつかの会社にそれを送ってください。最終的な決断を下す前に、家で得意分野の調査すらできるのです。

タイにオフィスを持つ会社をキャリアリンクなどの人材紹介会社で探し、求人情報を入手しましょう。
もしかしたら、あなたが現在働いている会社のタイオフィスがあり、転勤を申し出ることができるかもしれません。

キャリアリンクリクルートメントタイランド
https://kyujin.careerlink.asia/thailand

6、大使館や国連での仕事
たまに大使館や国連での仕事の募集があることもあります。これらの求人は、非常に限られた条件や選考の流れが面倒になる可能性があります。常にウェブサイトの情報をチェックし続ける必要があります。これらの求人情報のデメリットは、法律で、社外に広告を掲載する必要があるにもかかわらず、キャリアアップの一環として通常は社内からの応募者に仕事が与えられることです。

7、国際開発ワーカーになる
社会的な開発の資格をとったなら、NGOやGOなどの援助プログラムで働き始めるのもいいかもしれません。
これらのポジションは、通常長期資金で行われます。つまり、ポジションが更新されるまで1〜2年の期間実行されます。

8、映画のエキストラをする
エキストラの中での下層だと、外国人教師(州立学校の)と同じくらい稼げます。カメオ出演やモデリングなど上部では、1ヶ月で100,000THB稼ぐことができます。

この仕事のデメリットは不安定であるということでしょう。オーディションにたくさん参加しないといけないですが、役をもらえないということもしばしばです。また、待ち時間が長いという難点もあります。

エキストラの仕事は1日約1500バーツから始まります。カメオの出現は5000−20,000の範囲であり、モデリングの仕事は1仕事につき5000−150,000をもたらすでしょう。

9、バーやレストラン、ホテルを運営する
タイで多くの外国人がバーやレストランを運営しています。特に、サムイ島やプーケット島、バンコクのダウンタウンなどによくみられます。これらの仕事は、友人や家族のオーナーの仕事を引きつぐことが多いですが、もしあなたがよい経験をもっているのであれば、直接コンタクトを取るのもよいでしょう。

同様に、ホテルマネジメントの経験があるのであれば、上記の人材紹介会社キャリアリンクタイランドなどからバンコクの大手ホテルにコンタクトを取るのがよいでしょう。大規模なホテルチェーンは、ハイレベルなホテルマネジメントのポジションを外国人が占めていることもあります。

10、タイに拠点を持つ起業家になる
タイは好景気です。結果として、起業家精神のための余地は十分にあります。輸出業からコンサルタント業まで、もしあなたが特定のニッチな市場で資格と操縦法を心得ているのであれば、他の誰かのために働く代わりにあなた自身のビジネスを始めることができない理由はありません。

タイでビジネスを始める利点は、ビジネスを設立したばかりでも低い賃金で生活することができることです。これは、財政的な負担を減らし、ビジネスが軌道に乗ることに時間を費やすことができます。

私は、個人的にインターネットマーケティングのためのMeet-Upグループに参加しています。これらの集まりは同じような考えを持つ人をつなぐ素晴らしい方法です。また、同じ興味のもつ友達を作ることができます。

タイで働くことについて最後に
ご覧の通り、タイには様々なチャンスがあります。そして、共通の認識は、”唯一の仕事は教師のみ”ということはもう正しくはありません。

実際に、あなたが本当に教育とタイの教育システムに貢献したいという情熱を持っていない限り、他の情熱を持てる仕事を探すことがよいと思います。そうでないと、人生はただあなたが逃げたいと思っていた退屈で平凡な9時から5時まで働く生活と同じになるでしょう。

タイで生活することに真剣なのであれば、お金を稼ぐことは絶対に可能です。

タイには多くの移住者が働き生活をしています。しかし、彼らが何をしているのかについての情報は乏しいです。なぜなら、多くの人は忙しくオンラインに情報をシェアするために執筆することが難しいからです。

この記事がタイでの職探しに役立つことを祈ります。

タイでは就労許可証(ワークパーミット)を取得して働く必要があります。就労許可証を取得せずに働くことは犯罪ですのでくれぐれもご注意ください。

タイでの仕事の探し方ガイド

外国人がタイで仕事を探すのは可能なのでしょうか?

もちろん、答えはイエスです。では、簡単に見つかるのでしょうか?答えはノーです!
あなたが英語教師になりたいのではない限り、というのもこれは朝飯前だからです、仕事を探すのは本当に難しいことです。

外国人がタイで仕事を探すチャンスとは?
タイで仕事が見つかる可能性はどれくらいなのでしょうか?正直に言って、チャンスはとても低いと思います。移住者の求人はほとんどなく、通常は会社内にすでに働いている人にのみチャンスがあります。仕事もまたかなり少なく、1つの仕事に応募が殺到し競争率は高くなります。

なぜ、そんなに難しいでしょうか?
たくさん理由がありますが、私はメインの理由はこれらではないかと考えます。

①法律:タイは外国人を雇う時にどうやって、なぜ彼らを雇うかたくさんのルールが存在します。企業はこれら全てのルールに従い、調べないといけません。
②コスト:タイで外国人を雇うには高額な費用がかかります。例えば、visaの申請費用や労働許可証や弁護士費用などです。日本人の場合は、サービス業以外ですと最低賃金が50,000THBとなっています。
③タイ人と外国人の比率:会社はタイスタッフの人数に対し一人の外国人しか雇用できません。
④給料:外国人は通常、低い給料に満足していても、最低賃金は法律によってタイ人労働者より高くしないといけません。
⑤需要:ほとんどの会社はほとんど外国人労働者を必要としていません。なぜなら、英語を流暢に話せるタイ人がたくさんいるからです。
⑥文化的壁:タイ国籍の人と英語国籍の人の働き方には、労働倫理から仕事への向き合い方まであらゆる点で大きな違いがあります。

これらの点を踏まえて、タイで仕事を見つけるのは可能だと私は考えます。また、もしあなたがリスクを冒してでも仕事を探すことに熱意を持っているのであれば、これから仕事の探し方が大いに役に立つと思います。

いつから仕事探しを始めるか?
タイでは職探しには大きく分けて3つのアプローチ法があります。

母国で、移住者求人から:移住してくる前に仕事を探すことができます。しかし、これらの求人は非常に高いスキルが求められ多くの応募者が社内の人間から選ばれます。あなたが大企業に勤めていない限りチャンスは低いです。

母国で、タイの求人案内から:まだタイにいなくてもSkypeで面接ができるので、タイの地元のサイトで宣伝されている求人から仕事を探すことができます。しかしながら、タイにいて直接面接に行ける人よりは不利になるでしょう。

タイで、タイの求人案内から:一度タイに着いたら仕事を探すのにはよい機会です。上記の2つの方法と組み合わせてすぐに仕事が見つかるでしょう。

仕事探しはどこでする?
日系の人材紹介会社であればキャリアリンクタイランドへ登録することが良いと思います。日本からでも登録することができ、スカイプで面接も出来ますので就職への近道となるでしょう。
タイに来ているのであればフリーペーパーや、知人の紹介もありだと思います。

思いがけないホテルの成長〜プーケット、バンコク、観光の最先端〜

ホテル事業は、10月はいくつかの地域で低迷しているにもかかわらず、今年5−7%成長するとタイのホテル協会(THA)のSupawan Tanomkieatipum社長は述べています。全国の登録ホテルの平均利用率は、2017年の70−75%で、昨年より5−7%増加すると見込まれています。この改善は、今年、特にプーケットとバンコクを訪れる外国人観光客の増加に起因しています。

Supawan氏は、南部の登録ホテルの平均宿泊率は80−85%、北部は70%、バンコクは75%、北東部は65%と言いました。
昨年の稼働率に基づいて、プーケットと南部を除いて、数字はわずかに増加し、それは強い引き上げの傾向だと彼女は言いました。

Supawan氏は「これまでのところ、ホテル全体の事業は今年成長を見込むでしょう。THAは、危機がなければ今後5年間でこのセクターが成長し続けると予想している」と述べました。

THAの記事によると、バンコクの今年の10月の平均宿泊稼働率は70.7%、前年比70.7%から減少しました。北東部の占有率は48.6%で、49.9%から減少しています。

今年の10月の北部の宿泊稼働率は、昨年の10月の76.6%から73.7%に減少しています。パタヤとプーケットは、10月の稼働率が前年比75.1%に上昇し、2016年10月の67%から55.1%から60.3%へ上昇しました。第3四半期には、国際観光客の総数は880万人で、前年同期と比べて6%の増加、第3四半期の記録を達成しました。2017年1月から10月の総入国者数は2880万人で、前年度から6.7%増加しました。10月の外国人観光客は、前年度比20.9%増の272万人となりました。10月の観光収入も24.4%増の4320億バーツを大幅に上回りました。

産地市場の中で、東南アジアは、10月中にタイの観光客数が29.4%成長したことで際立っていました。

しかし、多くの外国人観光客は、登録されていないホテルや違法なホテルに滞在していると推測されています。以前のTHAは、市場にあるホテルの半数以上が免許なしで営業していると言いました。タイ観光局の知事のYuthasak Supasorn氏は、「スポーツ、グルメ、結婚式、ハネムーンなど、豪華でコミュニティベースに焦点を当てた、TATの新しいコンセプト「Amazing Thailand Tourism Year 2018」により、さらなる観光客拡大に自信を持っています」と述べました。

タイの国内旅行もまた、成長をみせています。1月から9月にかけて、タイでは自国で1億1000万回の旅行数を出し、昨年度と比較して6.3%増加し、6億9500万バーツ以上の収入(7.3%増)を達成しました。

国内外の市場を合わせると、1月から10月の総観光収入は2.26兆バーツで、前年同期比8.7%の増加となりました。

Supawan氏はタイの観光業は今後も成長し、より多くの投資家を引きつけると語りました。しかし、バンコク、プーケット、パタヤ、チェンマイなどの主要エリアのホテル事業はすでに過剰供給となっています。

第7回TTFは、「MEGACITY BANGKOK-A Tourism and Hotel Futurescape」をテーマに開催され、繁栄しているタイ人の再開に焦点を当てています。

タイ観光フォーラム(TTF) は、2018年1月22日に第7回年次版に戻り、インターコンチホテルバンコクで約650万人のホテル業界専門家を集め、バンコクの街並みを再現するメガプロジェクトについて話し合う予定です。

TTF 2018は、「MEGACITY BANGKOK- A Tourism and Hotel Futurescape」というテーマの下、タイの首都が再開発されることに重点を置いています。タイの有力ホテルおよび不動産開発会社の1つであるSansiri PLCの社長であるスレザ・サビサン氏を含む、1日のイベントには、一連のハイレベルスピーカーが参加します。

Sansiriは、スタンダードホテルズと提携して、ホスピタリティスペースに入居して、新興ホテルブランドのMonocleを立ち上げました。
サビサン氏は、フォーラムで、「大規模プロジェクトがより良い観光体験に貢献する方法」について議論します。

彼は、タイの大手企業、ホテルのリーダー、専門家のアナリスト、開発者、金融業者などからの幹部のイベントに参加します。
開会の挨拶は、CBSホテルワークスのTTFイベント共催者マネージングディレクター、ビル・バーネット氏が行います。

バーネット氏は、「タイの観光業界は引き続き波に乗っており、世界からの訪問者が記録的な数のいます」
「首都であり、国際的な腫瘍なゲートウェイとして、バンコクは世界の巨大都市の一つに急速に成長しています」

しかし、このような数字を維持するために、バンコクは大規模な再開発が必要です。
大規模なインフラプロジェクトは、チャオプラヤー川地域としてより多くの地区に進出しています。
TTF2018では、バンコクの都市景観の野心的な計画について直接学習し、観光とホスピタリティの分野への影響を検証します」とバーレット氏は付け加えました。

タイの観光産業は過去最高の記録を更新しました。タイ国王観光局(TAT)のデータによると、タイでは2017年の上半期に1730万人もの国際観光客を歓迎し、870億バーツ(250億米ドル)を創出しました。
観光収入は、通年で1兆8100億米ドル(US$500億)の最高水準に達すると見込まれています。

この需要の高まりは、タイのホテル部門への信頼を高めています。STRによれば、約100の新しいホテルが現在国内のパイプラインにあり、潜在的にバンコクにある国の在庫に21,600の新しい部屋を追加する可能性があります。

しかし、課題は残っています。タイの交通インフラは観光客の流入に対処するのが難しく、ホテル競争は激しく、平日日課(ADR)は依然として厳しい状況にあります。
それでは、バンコクの将来はどうなるのでしょうか?
交通リンク、メガモール、アトラクション、ホテル、住宅プロジェクトを含む数十億のバーツの一連の開発が都市の変貌を遂げており、都市にとってのチャンスと脅威の両方を生み出しています。

TTF2018は、これらすべての問題に対処し、包括的かつ洞察力のあるディスカッション、議論、プレゼンテーションプログラムを提供します。
フォーラムは、夜のネットワーキングイベントとカクテルパーティーを行い終了します。

Sansiri PLCの社長Srettha Thavisinに加えて、TTF 2018のスピーカーとパネリストには、Minor Hotel GroupのCEO、Dillip Rajakarier氏、 Horwath HTLのディレクターNikhom Jensiriratanakorn、トーマス・シュメルター(IHGタイ&インドシナ運営取締役) KC Moy、カペラホテルグループエグゼクティブバイスプレジデント; JLLのマネージング・ディレクター、アジアの投資セールス担当マイク・バチェラー(Mike Batchelor) STRのアジア太平洋地域担当ディレクター、Jesper Palmqvistバンコク、シャングリ・ラホテルの総支配人、Caroline Cheah、などが参加。

トップシェフのタイの受賞者について

トップシェフのタイの受賞者は、11月27日までScarlett Pullman Hotel Gで料理をしていました。

受賞したシェフの料理を毎日食べることはないでしょう。そのため、このイベントは特別だと言えました。タイのトップシェフ受賞者Chudaree “タム” Debhamakが11月27日までPullman Hotel GのScarlett Restaurantでキッチンを引き継いでいました。タムは彼女の優れた料理スキルとScarlettチームが手がけた素敵な食材とタイのレシピを組み合わせ、7人のタイ人のタッチと彼女の優れた料理スキルを結集させ、トップシェフタイの一番の仲間になりました。モダンな雰囲気の7種類のタイ料理を揃えたアラカルトメニューがあります。

スパイシーなタマリンドとグリルサワードー(B560)を入れたチキンのムースのような料理を選ぶこともできます。料理にはMa Laのスパイスとローストした米を載せます。もう一つの料理は、甘く酸っぱい味を与える地元の柑橘類とレモングラスオイル(B680)を添えて硬化させたシードリームです。

4つのメイン料理を選ぶことができました。ラムシャンクマッサマンカレーパイ、クリーミーなマッシュアップとベビー野菜(B890)。ウズラのスカッシュ、ジンジャーピューレとスイートピース(B880)を添えた豚肉と鶏の詰め物のあるウズラ。味付けしたピーナッツ、チミチューリ、ニンニクフェンネルピューレ(B2,250)を添えたスパイスのコーテドボープ(牛リブ)。刻まれた虎のエビには炭火焼肉、グリルグリーンなど(B850)があります。

シェフの特別なデザートメニューで、お好みのバナナブリオッシュにトースト米アイスクリーム(B320)を添えて料理を仕上げます。アイスクリームは、タイのジャスミンライスで作られており、バタースコッチのソーストーストでよく賞味されています。塩味のビスケットは本当に完璧な組み合わせです。

タイの最新リゾート情報

インターナショナルリゾートーアジア太平洋は常に熱く、タイも例外ではありません。

OZOプーケット
Onyx Hospitality GroupはタイにOZOプーケットを導入し、ポートフォリオの拡大を続けています。
現在工事中で、2019年中頃にオープン予定です。そのホテルでは、255室のゲストルームがあり、OZOブランドの睡眠、接続性、探求の特性を持ちます。

プーケットの西海岸にあるカタビーチに近いこのホテルは、OZOの特徴である終日営業のダイニングレストラン、お持ち帰りデリ、フィットネスセンター、会議室などを併設しています。2つの独立したプール。つまりフリーフォームのメインプールに隣接する子供用に設計されたアクティビティプールもあります。

今年は、スリランカ、マレーシア、中国などの新拠点でアマリブランドを立ち上げ、Onyx Hospitality Groupの強みを拡大しました。バンコクに本拠を置く同社は、8カ国の3つの中核ブランドにまたがる44の営業所のポートフォリオを拡大しています。
ベトナム、インドネシア、オーストラリアなどの市場に20以上の新しいプロパティ開発パイプラインがあり、同社は2024年までに99のホテルをオープンするという目標を設定しています。

OZOホテルグループ
https://www.ozohotels.com/

ボートハウスプーケットのリニューアル
プーケットのボートハウスは、5ヶ月の改装工事の後に再びオープンしました。
ザ・ブティック・コレクションに最近追加された39室のザ・ボートハウスは、カタビーチ・プーケットにある閑静なビーチフロントのホテルです。

シンガポールに本拠を置くインテリア会社、LAANKによって設計されたこの建物は、ロープや木材、海の青と白の色合いなどのインテリアの詳細を備えた航海テーマのインテリアを特色としています。
共通エリアでは、レセプションに沿って、青い波形の壁の特徴が水の反射のイメージを作り出します。インテリア全体に灰色が現代的な外観を提供します。

ボートハウスのそのほかの施設には、インフィニティプール、中庭ジャグジー、ホスピタリティラウンジ、ジム、室内ダイニング、ランドリーサービスなどがあります。

アバニ ホア ヒン リゾートアンドヴィラズ
アバニア ホア ヒン リゾートアンドヴィラズは、タイ南部の湾岸にオープンし、現代的なデザインと自然の熱帯の要素が融合しています。

庭園と大きなラグーンプールに面した196の客室、スイート、ヴィラがあります。
スーペリアルームとデラックスルームには専用バルコニーがあり、ヴィラとスイートにはプランジプールまたはジャグジーとガゼボがあります。そのほかの要素には、バスタブと独立したウォークインシャワー、一部のスイートの屋外レインフォレストシャワーがあります。11の1ベットルームと2ベットルームの2つのラグーンプールヴィラは、メインプールに直接アクセスでき、リゾートの活動に参加したい友達や大家族向けに設計されていますが、それぞれを楽しむためプライベートスペースもあります。

アバニ ホア ヒン リゾートアンドヴィラズ
https://www.minorhotels.com/en/avani/hua-hin

タイで働くということ

タイで働くということは、東南アジアの劇的な経済の一つに関われるということです。経済危機を乗り越え、タイは移住者に多くのチャンスを与えています。キャリアリンクリクルートメントタイランドは、タイで働くことに関する素晴らしい考え方の他に、労働許可、ビジネスエチケットなどのアドバイスも提供します。

経済の移行期
タイの外国人雇用者は東南アジアで最もダイナミックな経済に参加しています。不幸にも2009年には、数年間で初のマイナス成長を経験しました。国際的な危機は3400万人の労働者と従業員に影響を与えました。しかしながら、2010年の成長率は7.6%と印象的でした。タイで働く人全ての努力が身を結びつけたことを明確に示しています。

2011年に経済が好調に推移した一方で、タイの南部の洪水により、多数の住民の生活が破壊されました。2011年の10月には、豪雨と高水がいくつかの工業団地を破壊し、地元の製造業に多大な被害をもたらしました。翌年には、国際経済は再び回復しましたが、2012年以降にまた下降していきました。2015年についに回復の兆しが見えてきました。

現在、タイの農業では32%の労働力が働いています。しかしながら、国内総生産の11.6%にしか貢献できていません。
人口のほぼ半数が、サービス業で働いており、年間GDPの半分(56%)を創出しています。

移住者は、特に、タイの産業の専門職につくように求められています。しかしながら、特定の業界で専門的な経験を持っていると、タイでは最高級の待遇を得ることが出来ます。

バンコク
タイでは、農村部といくつかの主要都市では、経済発展に大きな違いが見られます。
特に、バンコクとパタヤの違いがその一例です。農村部での一般的な仕事は、自給自足のためや国際市場向けに米、キャバサの根、トウモロコシ、さとうきび、大豆、ココナッツのような作物を生産することです。

一方で、タイの製造業かバンコク中心部のビジネスは、はるかに利益が出ます。ほとんどの移住者は、バンコクの中でもより中心的なケット地区(特に中央ビジネス地区)に集中しているサービス業で働いています。

後者はタイの証券取引所の本拠地です。東南アジアマーケットでも最も重要な場所です。バンコクのCBDには、国際銀行(Barclays, Crédit Suisse, Deutsche Bank, HSBCのような)の地方支店や、観光業、運送業(特に航空会社)などの多数の企業もあります。

イースタン・シーボルトゾーン
パタヤの近くのイースタン・シーボルトゾーンとバンコク首都圏の幾つかの南西部には、タイの輸出志向の生産工場があります。
それらは、中国、日本、米国への輸出のために、織物、自動車部品、加工ゴム、プラスチック、電子機器、PC部品を製造しています、(実際、2011年の洪水により、2012年にはハードディスクの世界的な不況が続きました)
産業専門知識を持つ外国籍の従業員は、その部門の企業に派遣されることがあります。

労働制限
もしあなたが将来的にタイに移住し働くことに興味があるのであれば、外国籍の労働者に特定の制限があることを理解しておかなければいけません。外国企業方によると外国人はタイの建設業、小売業、事務所のアシスタントなど他の多くの雇用分野で働くべきではないとあります。

それゆえ、タイで最も働きやすい職種は、ICT、石油化学工業、医療技術、医療技術、製造業、エンジニアリング、財務および貿易などです。もしあなたが英語が堪能でタイについての知識を持っているのであれば、サービス業もまた利益の出る業界です。

タイの労働ビザ
また、仕事を始める前に、雇用条件にサインすることと雇用許可を含むBビザを持っていることをよく確認してください。
タイで生活をし、合法的に働くうえでは必ず必要なものとなります。

外国人の何人かは観光ビザで入国し、ビザが切れても滞在し、タイのナイトライフ地区や風俗店が多く立ち並ぶ地区で仕事を始めます(これは非常に違法です)そのためタイ当局はそういう意味では寛容ではないと有名です。タイで働くことを考えているのであれば、必ず知っておかなければいけません。