ホテルコンシェルジェの仕事と役割

ホテルコンシェルジュの仕事説明
伝統的に、ホテルコンシェルジュはホテル内に住み、ゲストのあらゆる行動を補助してきました。近代のコンシェルジュは週40時間かそれ以上働き、一般的にはホテルの敷地内に住んでいることが多いです。ホテルコンシェルジュはレストランの予約、地域の行楽地、旅行や交通手段の手配、スパやサロンの予約、スペシャルイベントのチケットの手配などの仕事をします。
コンシェルジュは、政治家やセレブなど重要なホテルゲストの難しさにかかわらず、なんらかの要求を満たすことが期待されています。しかしながら、ホテルコンシェルジュのサービスは、あまり目立たないゲストによって利用されることもあります。
コンシェルジュの最も重要な義務は、ゲストに良い第一印象を与えることです。

仕事の資格と報酬は、コンシェルジュの仕事は通常、ほとんどのホテルで高校の卒業証明または同等のものが好まれますが、教育の方法はほとんど必要としていません。多くのコンシェルジュは、コンシェルジュの職に移動する前にポーターやレセプショニストとして仕事を始めます。コンシェルジュは自信を持ち、よく話し、地元の企業、クラブなど様々な知識を持っていないといけません。国際コンシェルジュ協会であるゴールデンキーズは、コンシェルジュを代表しており、より大規模でチャレンジングな労働者にさらに認定を提供しています。ゴールデンキーのメンバーは、ゴールデンキーの形をしたラベル品で簡単に識別できます。

コンシェルジュは、小さいホテルでは月給3万バーツ前後の低賃金から始めないといけないかもしれません。大規模チェーンのホテルだと、4万5千バーツから5万バーツは稼ぐことが出来ます。ただ、この金額は経験が少ない人の場合です。
コンシェルジュは、通常様々な福利厚生を受け取ります。医療保険、有給休暇など他のいくつかの特典を受け取ります。仕事の利益は、コンシェルジュの給料の価値に30%も追加する可能性があります。経験豊かなホテルコンシェルジュは、場所と会社によって異なりますが、月給7万バーツ以上を取得することも可能です。