ホテルハウスキーピング(ルームキーパー)やランドリーアテンダントの仕事と役割

ホテルハウスキーピング仕事の説明
仕事の義務ーホテルのハウスキーピングの仕事は、他のハウスキーピング業界や専門清掃業界と似ています。
ハウスキーパーやルームアテンダントは、ホテルの設備が清潔に保つことに責任があります。
仕事はホテルの部屋を清掃するような義務を伴うだけでなく、ホテルの廊下、ロビー、その他公共エリアを清潔にします。
毎日の作業には、掃除機がけ、シーツとタオルの交換、ゴミ箱の整理、ダスティング、床を磨くこと、その他多数の清掃活動が含まれます。ハウスキーピング担当者は、チェックアウト後に部屋を調査し、損害や欠落している項目に注意を払います。

仕事の資格と報酬は、ほとんどのホテルで、少なくとも18歳以上であることが求められています。多くのホテルで、高校卒業資格かそれと同等であることも求められています。最低限の条件以外は、ハウスキーピングは初心者向けの仕事です。
当然、職務経歴やトレーニングはルームアテンドの仕事を得るためには必要ないですが、掃除の経験や清掃道具の知識は必ず必要です。候補者は、軽いものから中くらいのものを持ち上げたり運んだり、長時間立っておくことができる正常な体調であるべきです。最後に、細部まで細かい性格と指示を実行する能力は、求められる2つの能力です。

雇用主や経験によって給料は異なりますが、ホテルハウスキーピングの給料の平均月給は3万5千バーツです。賃金は低くスタートするかもしれませんが、強い指導力とコミュニケーション能力を備えたハウスキーパーには昇級の余地があります。ハウスキーピングマネージャーと関連したスーパーバイザーはたくさんお金を稼ぎ、月給5万バーツ〜7万バーツ以上稼ぐでしょう。有資格のフルタイムハウスキーパーは、医療保険の有効期間、有給休暇、割引などの雇用特典を提供する給付パッケージを受け取ります。

ホテルランドリーアテンダントの仕事の説明
どのくらいビジネスホテルがあるかを考えれば、どれだけの洗濯が必要か想像するのは簡単です。リネンは毎日洗い流され交換されますが、それを捨てることはめったにありません。タオル、洗濯物、ブランケット、シーツは1日を通して清潔で畳まれ、配布される必要があります。ランドリー・アテンダントは、これらのリネンをすべて元の状態に保つ責任があります。
長期滞在型ホテル以上の高級施設では、洗濯やドライクリーニングサービスもご利用いただけます。職務には、ナプキンやテーブルクロスのクリーニング、ドライクリーニングとアイロンが含まれます。

ホテルの仕事のすばらしい側面の一つは、多くの雇用主が18歳以上であればだれでも応募できることです。従業員は、特別な教育資格は必要なく、高校の卒業資格かそれと同等のものであれば可能です。多くの場合、ホスピタリティ業界での経験は、教育上の必要条件にとってかわる可能性があります。ランドリー・アテンダントは、長時間重いカートを押すこともあるかもしれません。そのため、50ポンドは持ち上げ、しばらく立っていられることは、採用のプロセスにおいて明確な利点となるでしょう。

ランドリーアテンダントのポジションの平均初任給は、通常ハウスキーピングと同じです。最初は最低賃金で始まり、定期的な昇級や福利厚生のオプションも含まれます。フルタイム労働者は通常、他のホテル従業員と同じ雇用特典を受ける資格があります。福利厚生は、医療保険、有給休暇、ホテル割引などが含まれます。専用ランドリーアテンダントは、ランドリーマネージャーか他のホテルのスーパーバイザーに進むことが出来ます