ホテルの仕事の中でのマネージャーの役割

マネージャーの仕事
他の業種のマネジメント職と同じように、ホテルマネージャーはホテル内の部署やオペレーションを監視し、従業員に指示したりやる気を引き出したりします。

マネージャーは、応募者の履歴書を確認したり、新規従業員の採用、会社に適さない従業員をクビにしたり、新規採用者のトレーニングなど様々な事務仕事の責任があります。また、マネージャーは緊急の状況を拡散して顧客にサービスを提供する必要があります。

マネージャーは、ハウスキーピングマネージャーかランドリーマネージャーなどの部門のマネージャーと相談するか、ハウスキーピング、メンテナンス、カスタマーサービスなどのホテルの業務を直接監督します。
いずれにせよ、ホテルのマネージャーは、清潔さ、外観、維持、顧客関係、およびその他全ての側面を担当しています。
大規模チェーンに雇用されている場合、有能なマネージャーが定期的に訪問し、複数のホテルを監督することがあります。

仕事の資格と報酬
ホテルのマネジメントの肩書きは、ジェネラルホテルマネージャー、ハウスキーピングマネージャー、ランドリーマネージャー、フロントデスクマネージャーなど様々なスーパーバイザーの役職など多数にあります。
ホテルのマネジメント職は確かに初心者向けの仕事ではないですが、肩書きや雇用主によって異なり、イメージほど難しいものではありません。一般的に、少なくとも18歳以上で高校の卒業資格が必要です。レアなケースでは、大学の卒業資格も必要です。ホテルマネジメントの職には、ホスピタリティマネジメントか関連した分野の大学卒業資格が有益です。
高いリーダーシップ能力かコミュニケーション能力もマネージャーになるためには必要です。
ホテルマネージャーは、処理能力と問題解決能力も必要とされます。

ホテルの管理職は、フルタイムの給与職になります。
ホテルマネージャーの平均給料は年間45,000ドルから60,000ドルです。
しかし、国際リゾート地や大規模ホテル、ファーストクラスホテル(五つ星ホテル)のマネージャーの給与はさらに良いです。
基本給の上に、マネージャーはしばしば定期的なボーナスと他の福利厚生を受け取ります。
ホテルマネージャーは通常、医療保険、退職プラン、有給休暇、ホテル宿泊料金割引などの給付パッケージの対象となります。他の特典が提供されることもありますが、雇用主によって異なります。