タイで働くということ

タイで働くということは、東南アジアの劇的な経済の一つに関われるということです。経済危機を乗り越え、タイは移住者に多くのチャンスを与えています。キャリアリンクリクルートメントタイランドは、タイで働くことに関する素晴らしい考え方の他に、労働許可、ビジネスエチケットなどのアドバイスも提供します。

経済の移行期
タイの外国人雇用者は東南アジアで最もダイナミックな経済に参加しています。不幸にも2009年には、数年間で初のマイナス成長を経験しました。国際的な危機は3400万人の労働者と従業員に影響を与えました。しかしながら、2010年の成長率は7.6%と印象的でした。タイで働く人全ての努力が身を結びつけたことを明確に示しています。

2011年に経済が好調に推移した一方で、タイの南部の洪水により、多数の住民の生活が破壊されました。2011年の10月には、豪雨と高水がいくつかの工業団地を破壊し、地元の製造業に多大な被害をもたらしました。翌年には、国際経済は再び回復しましたが、2012年以降にまた下降していきました。2015年についに回復の兆しが見えてきました。

現在、タイの農業では32%の労働力が働いています。しかしながら、国内総生産の11.6%にしか貢献できていません。
人口のほぼ半数が、サービス業で働いており、年間GDPの半分(56%)を創出しています。

移住者は、特に、タイの産業の専門職につくように求められています。しかしながら、特定の業界で専門的な経験を持っていると、タイでは最高級の待遇を得ることが出来ます。

バンコク
タイでは、農村部といくつかの主要都市では、経済発展に大きな違いが見られます。
特に、バンコクとパタヤの違いがその一例です。農村部での一般的な仕事は、自給自足のためや国際市場向けに米、キャバサの根、トウモロコシ、さとうきび、大豆、ココナッツのような作物を生産することです。

一方で、タイの製造業かバンコク中心部のビジネスは、はるかに利益が出ます。ほとんどの移住者は、バンコクの中でもより中心的なケット地区(特に中央ビジネス地区)に集中しているサービス業で働いています。

後者はタイの証券取引所の本拠地です。東南アジアマーケットでも最も重要な場所です。バンコクのCBDには、国際銀行(Barclays, Crédit Suisse, Deutsche Bank, HSBCのような)の地方支店や、観光業、運送業(特に航空会社)などの多数の企業もあります。

イースタン・シーボルトゾーン
パタヤの近くのイースタン・シーボルトゾーンとバンコク首都圏の幾つかの南西部には、タイの輸出志向の生産工場があります。
それらは、中国、日本、米国への輸出のために、織物、自動車部品、加工ゴム、プラスチック、電子機器、PC部品を製造しています、(実際、2011年の洪水により、2012年にはハードディスクの世界的な不況が続きました)
産業専門知識を持つ外国籍の従業員は、その部門の企業に派遣されることがあります。

労働制限
もしあなたが将来的にタイに移住し働くことに興味があるのであれば、外国籍の労働者に特定の制限があることを理解しておかなければいけません。外国企業方によると外国人はタイの建設業、小売業、事務所のアシスタントなど他の多くの雇用分野で働くべきではないとあります。

それゆえ、タイで最も働きやすい職種は、ICT、石油化学工業、医療技術、医療技術、製造業、エンジニアリング、財務および貿易などです。もしあなたが英語が堪能でタイについての知識を持っているのであれば、サービス業もまた利益の出る業界です。

タイの労働ビザ
また、仕事を始める前に、雇用条件にサインすることと雇用許可を含むBビザを持っていることをよく確認してください。
タイで生活をし、合法的に働くうえでは必ず必要なものとなります。

外国人の何人かは観光ビザで入国し、ビザが切れても滞在し、タイのナイトライフ地区や風俗店が多く立ち並ぶ地区で仕事を始めます(これは非常に違法です)そのためタイ当局はそういう意味では寛容ではないと有名です。タイで働くことを考えているのであれば、必ず知っておかなければいけません。